MENU

【知らなかった!】抜け毛の”予防”につながることって!?

加齢や不規則な生活、人間関係のストレス、遺伝的な要因など、様々な理由から起こる「抜け毛」のトラブル。シャンプー後に排水口に溜まる髪の量が増えていたり、朝起きたとき枕に落ちている毛が気になることが多くなったりしている方は、それが進行して深刻な薄毛になったりしないためにも、早いうちに意識的に予防をした方が良いです。

 

ストレス解消のためにと思ってお酒を沢山飲んだり、煙草を沢山吸ったりする方は多いと思いますが、「抜け毛」を予防するためには、そうしたことは控えた方が良いといわれています。多量のアルコールの摂取は睡眠の質の低下や血液の流れを悪くする糖分の過剰摂取につながり、これはどちらも髪の成長を阻害する要因となります。煙草を沢山吸うこともまた、血液の流れを悪くすることにつながり、髪の成長にとってよくありません。なので、ストレス解消のためには運動や趣味に没頭したりするようにして、お酒や煙草は少しずつ控えるようにしていった方が良いです。

 

食生活を見直すことも、「抜け毛」を予防するために普段からできることのひとつです。外食やインスタントフードばかりだと栄養バランスが偏り、髪の成長に良くないといわれています。なので、外食やインタントフードはできるだけ控えるようにし、髪に良いと言われている亜鉛、鉄分、ビタミン(B6)を含む食品を日々バランス良く取るようにしましょう。

 

いわゆる朝シャンをしないようにすることも「抜け毛」の予防につながります。朝シャンをしている人は少なくないと思いますが、朝は時間がないという意識から毛穴にダメージを与えるような雑な洗い方をしてしまったり、毛穴に害を与えるシャンプーのすすぎ残しが生じるような雑なすすぎ方をしてしまう可能性が高いので、髪のためには、やめた方がいいです。また髪の成長ホルモンが多く分泌されるのは夜間で、その間は毛穴が汚れや皮脂で覆われていない状態であることが髪の成長にとって望ましいということからしても、シャンプーは朝ではなく、夜にした方がいいと考えられています。